施工状況報告ブログ

O様邸


認定低炭素住宅の家が完成しました。

低炭素住宅 太陽光発電設置(パナソニック)

 

 

 

 

 

 

平成29年9月27日(水)

地盤調査

基礎工事前の地盤調査です。結果は基礎補強が必要と判り、H型PCコンクリート杭で補強することになりました。

 

 

 

平成29年10月17日(火)

地鎮祭

工事前に土地の神を祭り、工事の無事を祈る地鎮祭を行いました。建て主は出席できなかったので建て主のお父さんに代わってもらい無事お祭りしました。

 

 

 

平成29年10月19日(木)

パイル打ち込み

地盤調査の結果、地盤補強が必要となったため硬い地盤のある13mの深さまでH型PCコンクリート杭を打ち込みました。

 

 

 

平成29年11月8日(水)

瑕疵保険 配筋検査

基礎の鉄筋配筋が終わり瑕疵保険検査機構に配筋検査をしてもらいました。コンクリートで見えなくなる前の配筋の大事な検査です。

 

 

 

平成29年12月5日(火)

基礎完成

基礎が完成しました。基礎の外周の水色の板は断熱材です。赤と青の管は床下の給水,給湯配管です。

 

 

 

平成29年12月6日(水)

木材薬剤処理

この建物では一般的な防腐防蟻材ではなく効果の長続きする液体ガラス塗料を塗布しました。

 

 

 

平成29年12月12日(火)

軸組工事

軸組工事1階

軸組み工事に入りました。スーパーウォール断熱パネルは基本3尺幅で、それをを留める柱も3尺ピッチで入れるため柱はかなり多く入ります。

 

 

 

平成29年12月13日(水)

壁断熱パネル

スーパーウォール壁断熱パネルを取り付けています。断熱パネルは構造用合板OSBと高性能な硬質ウレタンフォーム断熱材を一体化したもので耐震性・断熱性とも優れた性能を発揮します。

 

 

 

平成29年12月20日(水)

確認検査機関 中間検査

瑕疵保険 躯体検査

軸組みが完成したので確認検査機関の中間検査と瑕疵保険の躯体検査を受けました。完成すると見えなくなるところの大事な検査です。

 

 

 

平成29年12月21日(水)

透湿防水シート張り

大工さんが張っているのは、建物外部からの雨水の浸入を防止する防水性と壁体内に生じる湿気を外部に逃がす透湿性を兼ね備えた透湿防水シートです。

 

 

 

平成30年2月7日(水)

換気システム配管

熱交換換気システムの1階天井裏配管です。熱交換換気には顕熱式と潜熱式の2種類あって、当社では顕熱式を薦めています。メリットは湿気も臭いも回収しないので潜熱式ではできないトイレや浴室の排気の取入れもできること等です。

 

 

 

平成30年3月5日(月)

太陽電池

階段設置

太陽電池の設置や階段等内部造作も終わり、内装工事・照明器具,水廻り住設等の取付けに入ります。

 

 

 

平成30年4月5日(木)

東側外観

リビングから和室方向

和室8帖

和室からリビング方向

書斎

 

認定低炭素住宅が完成しました。1階はLDKから和室8帖まで続いた間取りで広々と開放感があり、オープンで使えば東・南・西の大きな開口から一日中光が差し込み明るく気持ちのいい空間が広がります。和室は3枚引き戸の襖を閉めれば廊下からの入口が別にあるので完全な個室になり色々な用途に使えます。2階の書斎のカウンターは掘り机になっており、和紙の畳敷きと共に狭い空間ですがくつろげる部屋になっています。建物の性能面でも隙間相当面積(気密測定で計測し家の気密性を示す指標)が非常に小さく優秀な結果を出しています。 s.n

 

 


2018年4月 | カテゴリー: 未分類| コメントはまだありません »

コメント

コメントをどうぞ